So-net無料ブログ作成
検索選択

3年物で年1.4%も出現 「高金利定期」に人気

???消費者はボーナス時などのキャンペーンやインターネット専業銀行などの「ネット定期」といった、「高金利定期」に敏感になっている。ネット定期は24時間365日申し込める便利さもあって、メガバンクなどでも増えてきた。そのせいもあって、元本保証で安全な資産運用商品として定番の定期預金が、ジワジワと残高を伸ばしている。個人の定期預金200兆円に迫る???国内銀行の個人の定期預金残高は、2010年1月末で199兆1152億円と、200兆円に迫る。前年同月と比べて2.9%増。リーマン・ショック前の08年1月と比べると8.2%増えた(日本銀行調べ)。???「低金利だからこそ、少しでも高い金利に預けたい」という消費者が増え、人気なのがネット銀行だ。ネット銀行の場合、支店を保有しない分を金利にまわせるので、既存の銀行よりも金利を高めに設定できる。???日銀によると、全国銀行の定期預金金利の平均は「100万円」を預け入れた場合で、1年物が年0.078%、3年物0.113%、5年物0.172%、10年物0.400%となっている。???メガバンクの定期預金は、5年物で年0.15%程度。これがネット銀行であれば、ジャパンネット銀行やソニー銀行、イーバンク銀行などで年0.42%〜0.45%を付けている。???メガバンクの10年物でも1%に届かない中で、「破格」なのが日本振興銀行。5年物で年1.3%、10年物では1.8%を提示。オリックス信託銀行の「eダイレクト預金」や、あおぞら銀行の「ネット定期」(半年複利)も5年物で0.9%を付けている。???また、東京スター銀行の「好金利365」(1口100万円以上)は、原則中途解約できないなどの条件があるものの、3年物で年1%、5年物で1.2%を提示していて、ネットや電話のほか支店でも受け付ける。ホームページに思わぬ「掘り出し物」キャンペーン???高金利キャンペーンの多くはボーナス・シーズンだが、インターネットのホームページでは思わぬ「掘り出し物」を発見できる。???2007年9月に開業した住信SBIネット銀行は、2月に預金量1兆円を突破。3月15日には1兆1000億円まで積み上げた。3月31日まで、「預金1兆円突破記念 ありがとうキャンペーン」を展開中で、金利は1年物が年0.83%、3年物0.9%。5年物の1%とお得。モバイルバンキングのじぶん銀行は3月28日まで、「春の金利円定期預金キャンペーン」を展開。1年物で年0.5%(5年物も同水準)を付けていて、他のネット銀行の金利よりも高い設定だ。???09年9月に開業した韓国系のSBJ銀行は「銀行は金利だ!」をキャッチフレーズに、10年2月10日にオープンした横浜支店で「開業キャンペーン」を実施(4月30日まで)。ネット銀行よりもさらに高い、3年物で年1.4%を付けている。しかも、インターネットでは受け付けておらず、「横浜支店に行っていただかないと契約できません」(SBJ銀行)といい、来店が条件になっている。???定期預金は預入期間が長いほど、金利も高い。いまの低金利局面がまだ続くと考えれば、5年物、10年物の長期の定期預金に預ける「作戦」もアリだ。ただ、銀行によっては中途解約ができなかったり、中途解約時に適用されるペナルティー金利が高めに設定されていたりすることがあるから注意も必要。将来の金利上昇時に預け替えることを考えれば、ペナルティー金利は要チェックかもしれない。???なお、金利はいずれも3月8日の週のもの。■J-CASTニュースとは?従来のマスコミとは違うユニークな視点で、ビジネスやメディアに関するさまざまな記事を発信しています。読者投稿のコメント欄も充実!新たにJ-CASTニュースショップがオープン!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。